Strange Brewing ビール在庫とスペック情報 2018年3月22日

本日(3/22)時点の在庫状況です.

下記のラインナップはいずれも在庫がございます!
主に15L,19L樽にて発送させていただきます.10L樽は少量ですがご用意できますのでお問い合わせください.
ご注文をお待ちしております!


📞
‪ 025-775-7333 9:00-17:00 ‬

📩 info@strangebrewing.jp

 

◎ Golden Slumber Pale Ale

弊社を代表するビールのゴールデンスランバーペールエールは, 英国スタイルのエールながらアメリカ産ホップを使用し, 柑橘系の華やかな香りと飽きのこない飲みやすさが特徴です.

ストレンジブルーイングのフラグシップである, ゴールデンスランバーペールエールは今年も進化していきます.◎Golden Slumber PaleAle…

Strange Brewing & Labsさんの投稿 2018年3月2日(金)

スタイル: PaleAle
アルコール度数 5%
IBU(苦味) 35

◎ Vapour Trail American Pale Ale dry hopped Cascade
前回バッジまではCitra HopでDryhopをしましたが, 柑橘Hopの王道Cascadeを漬け込み, 心地よい苦味とともに, 柑橘系の香りをまとわせました. マリスオッターモルト1種により, より明確にわかるカスケードの柑橘ホップの爽やかなフレーバーが透き通るように鼻から抜けます.
口当たりはサラサラとしてスッキリと染み込んでいき, ひこうき雲(ヴェイパートレイル)のように, 突き抜けるようにすーっと消えます. ただただ爽やかで, 柔らかみのあるアメリカンペールエールです. ABV:4.5, IBU:25と軽く, 飲み進められるビールになるよう工夫しました.ナッツ, 燻製などのお料理とあわせるのがベストです!

Vapor-trail American PaleAle

Strange Brewing & Labsさんの投稿 2018年2月1日(木)

スタイル: American Pale Ale
アルコール度数 4.5%
IBU(苦味) 20

(スペックノート)​BeerSpec_VapourTrail_dryhopcascade
​​(ラベル)​​​​APA

◎PIG HEAD IPA
イングリッシュIPAの特徴であるモルティな甘みと, アメリカンホップの豊かな柑橘系アロマを, バランスよくいいところどりをしています. 無濾過でドライホッピングを行うために少々濁りありますが, オレンジ色のゴールデンアンバーな外観です. センテニアルやHBC438ホップのシトラシーな柑橘, 洋梨, トロピカルフルーツといったホップアロマと, モルト由来の甘みとの調和がほどよく味わえる, ボディのあるIPAです.

PIG HEAD IPA

Strange Brewing & Labsさんの投稿 2018年2月1日(木)

スタイル: India Pale Ale
アルコール度数: 6.5%
IBU(苦味) : 65

(スペックノート)​​BeerSpec_PigHeadIPA
(ラベル)​​​PIGHEADIPA

◎魚沼ライスヴァイツェン
魚沼の産物を代表とするコシヒカリをふんだんに使用したお米のヴァイツェンです.
仕込のときに小麦麦芽といっしょに糖化したコシヒカリのお米の旨味と甘味がたっています.
そこにヴァイツェンならではのバナナのような香り, 小麦の豊かな香りが重なります.
口の中にはバランスの良い甘味と酸味が残り, 2口目もグイグイといけます.
食前酒としてサラダやサーモンのマリネ, 白身魚のお刺身にもあわせられるライスヴァイツェンです.

アルコール度数 5%
IBU(苦味) 15

魚沼の雪も落ちつき, 寒さも少しずつ緩んできました🌱三寒四温な今週の樽詰めは3つのビールです😊◎魚沼ライスヴァイツェン魚沼の産物を代表とするコシヒカリをふんだんに使用したお米のヴァイツェンです….

Strange Brewing & Labsさんの投稿 2018年3月9日(金)

スタイル Hefe Weizen
アルコール度数 5%
IBU(苦味) 15

(スペックノート)​​​BeerSpec_魚沼ライスヴァイツェン

◎ 魚沼へぎ蕎麦酒 ”ホワイト”
魚沼産の良質な玄そばの実は, プロテインが豊富で体にやさしい, お米とともに代表的な地元魚沼ならではの食材です.
魚沼産100%のイチカラ畑©︎の薫り高いそばの実を, ミルで細かく挽き, ドイツのピルスナーモルトをベースに, ヴァイス(白)ビールやウィートエールをイメージして作りました.
イングリッシュスタイルの「魚沼蕎麦英酒」に比べ, さらに蕎麦の独特な香ばしさが際立ち, 喉奥にスッキリ消えていく, 苦味も少なく優しいビールです.
焼魚や煮物などの和食にあわせるとベストです.

小春日和☀️な今日は, 工場の融雪装置を外し洗浄して片付けました. これで冬もひと段落つきましたね😊気温も上がってくるとだんだんビールの美味しい時期になります😋🍺さて今日は蕎麦ホワイトエールの樽詰から.◎ 魚沼へぎ蕎麦酒…

Strange Brewing & Labsさんの投稿 2018年3月17日(土)

アルコール度数 5%

IBU(苦味) 15

◎ Barbedwire D-IPA dry hopped Citra
マスカットの香りにつられ, 舌に乗せるとまるで有刺鉄線(Barbedwire)を噛むかのような, ピリピリした4種のホップによる刺激的な苦味. しかし, モルト由来の甘みとの調和がほどよく味わえる, 力強くボディのあるD-IPAです. Citra Hopで dryhopを行い, 心地よい苦味に加え, 上品なシトラスの香りをまとわせています.

高比重かつ苦味はあるものの, 飲み疲れることがないように, ボディや甘味とのバランスが取れたビールになるよう工夫しました. イタリアン全般, ドライフルーツ, ゴルゴンゾーラチーズなど酸味やスパイシーな料理とあわせていただくとベストです.

有刺鉄線再登場Barbedwire came back!◎Barbedwire D-IPA dry hopped Citraマスカットの香りにつられ, 舌に乗せるとピリピリした4種のホップによる刺激的な苦味, しかし,…

Strange Brewing & Labsさんの投稿 2018年2月20日(火)

スタイル: Imperial India Pale Ale
アルコール度数 7.5%
IBU(苦味) 90

(スペックノート)​​​ BeerSpec_BarbedwireDoubleIPA_dryhopcitra
​(ラベル)​​​ DIPA

◎-Cape Cod’s Fog- New England IPA #4 (ご予約完売となりました)
ソフトな口当たりで苦味は少なく, トロピカルでグレープフルーツのようなジューシーで見た目もHazy(もやのかかった、かすみ)な New England IPA.
このHazyさをNew England 地方の代表的な避暑地 Cape Codの海霧にイメージしました.
前回(#3)でご好評いただいた, アロマホップ3種の華やかな香りと, モルトの甘み, ほとんど苦味を感じさせない New England IPA レシピを踏襲し, ブラッシュアップしました.

そしてお待ちかねのストレンジ版ニューイングランドも樽詰めし全国へ発送しました!-Cape Cod’s Fog- New England IPA #4ソフトな口当たりで苦味は少なく,…

Strange Brewing & Labsさんの投稿 2018年3月21日(水)

スタイル: New England IPA
アルコール度数 6.5%
IBU(苦味) 7

◎Honky Tonk Imperial Stout
インペリアルスタウトはStrange Brewingの定番ビールですが, 地元魚沼でも根強い人気があります. 普段飲みとしてのクラフトビールに馴染みがなく, 主に日本酒党の方にも抵抗感なく受け入れていただけているインペリアルスタウトです. チョコレートとコーヒーのアロマは樽の中で熟成され,特に自家培養された酵母の香りとあいまり, 複雑さと優雅さを感じられます.

行く冬を惜しみつつハイアルコールビール🍺のストレンジ定番インペリアルスタウトを樽詰めしました. 一部は長期貯蔵樽に入れ, きたる時期に向けて静かに熟成を始めています.◎Honky Tonk Imperial…

Strange Brewing & Labsさんの投稿 2018年3月17日(土)

スタイル: Russian Imperial Stout
アルコール度数 9%
IBU(苦味) 30

(スペックノート)​​BeerSpec_Honky Tonk Imperial Staut
​(ラベル)​​​​imperial stout

 

◎Love Potion #9 Scottish Ale (Barley Wine)
スコットランド生まれの酵母を自家培養し, 重厚感のあるビールに仕上げています.
鼻から抜ける香りは, 新鮮な葡萄や桃, モルトの甘味などの様々なフレーバーを複層に感じられます.
ストロングエールならでは尖った感じはなく, まろみのある口当たりが心地よく感じます.
この季節にオススメの”大麦ワイン”です.

数カ月間かけてゆっくり樽熟成させ, さらに円熟したフレーバーで味の違いを楽しむのもまた格別です. アルコール度数は約10%とStrange Brewingで最もハイアルコールですが, スモークサーモン, チーズ, 生ハム, スイーツとベストマッチします.

今日の2本目はスコティッシュエールを!◎Love Potion #9 Scottish Ale (Barley Wine)スコットランド生まれの酵母を自家培養し, 重厚感のあるビールに仕上げています. 鼻から抜ける香りは,…

Strange Brewing & Labsさんの投稿 2018年3月2日(金)

スタイル Scottish Ale(BaleyWine)
アルコール度数 10%
IBU(苦味) 60

(スペックノート)​​​BeerSpec_Love Potion#9Barleywine
​​(ラベル)​​​​lovepotion9_scottishale

◎ London Calling Porter
18世紀にロンドンで生まれ, 港湾荷役労働者に好まれたことからポーターという名前が付きました.
発祥は当時, 売れ残りのブラウンエールとペールエールをブレンドしたもの(スリースレッド)が人気となりました.
先週, 樽詰めしたドライスタウト(Back to Black)の前身となるビールです.
世界的に黒ビールの代表格であるギネスのドライスタウトも, 19世紀まではエクストラポーターを名乗っていたそうです.ポーターのボディはミディアムで, ローストアロマとチョコレートやコーヒーを思わせる, 苦味のあるブラックモルトのフレーバーです.
ガス圧も低く, ゆったり飲んでいただけます. 焙煎モルトのコクと苦味が味わえるポーターは冬にピッタリ.
ローストチキンやローストポークなどの炭火焼き,スモークした合鴨など,この寒い時期に料理によく合います.

Strange Brewing & Labsさんの投稿 2017年12月21日(木)

アルコール度数 5%
IBU(苦味) 35

(スペックノート)​BeerSpec_LondonCallingPorter
​(ラベル)​londoncalling_porter

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA